ロールフォーミング加工

トップ > 製造技術 > ロールフォーミング加工

ロールフォーミング加工

ロールフォーミング加工

ロールフォーミング加工とは、複数のコマが並んだローラーの間に鋼板を通すことにより、鋼板を変形加工する手法のことです。
ロール成形、冷間ロールフォーミングなどとも呼ばれています。
金属を加工する場合、一般的にプレス加工、板金といった方法が使われますが、 ロールフォーミングの場合、すべてオートメーション化され、金属のシート(コイル材)がロールフォーミングの成形機に自動的に吸い込まれ、加工されて成形品が吐き出されてきます。
当然、板金、プレス加工などに比べて加工スピードが圧倒的に早くなるため、生産スピードを上げたい場合や生産量が多い場合に当社でも積極的に活用しています。

補足情報
薄板の精密成形加工+連続組立作業、試作から立ち上げまでお客様のニーズにお応えしています。