レーザー加工

トップ > 製造技術 > レーザー加工

レーザー加工

レーザー加工

■平板&パイプ・形鋼両用のオールラウンドマシン
3D-CADで設計したデータを活用しスピーディに加工が可能! 平板はもちろんの事、丸パイプ・角パイプ・アングル・チャンネル・軽量溝形鋼まで加工領域の広いオールラウンドマシンで高精度、高品質な加工が可能。

加工能力
 ・パイプ加工: 外径19~220mm素材長さ6000mm
 ・平板加工:  加工範囲3070×1550mm
 ・切断板厚:  鉄~22t/ステンレス~12t/アルミ~10t
 ・加工速度:  0~20m/min
 ・位置決め精度:1/1000mm単位入力可


①パイプ・形鋼の高精度・安定加工

パイプの加工点近傍をサポートチャックローラーで支持し切断。
パイプセンター基準で加工することで、高精度加工を実現。

②パイプ・形鋼(6m)の定尺加工

つかみ換え機能で定尺(6m)加工が可能。
単品加工はもちろん、多数個取り・ネスティング加工も実現。

③簡単段取り換え

平板加工⇔パイプ・形鋼加工の切り替えが短時間で可能。
複雑な段取り換えが短時間で簡単に実現。



●高性能発振器

高速軸流特有のビームの揺らぎを最小限に抑えることで、切断品質が向上

●加工モニタリング

加工状態をモニタリングし、マシンへフィードバック。
ピアス・プラズマ等の加工不良となる要素を監視


簡単3次元モニタリング

充実した入力機能を使い簡単に3次元モデルを作成。
パターン入力コマンド機能:モデルを選択し寸法を入力するだけ
銅材レイアウト機能:ワーヤーフレーム作成後に断面形状を選択するだけ

●新型Z軸ならいセンサー

高速加工時でもギャップ量(材料と加工ヘッドの距離)を正確に読み取り、常に安定した加工が可能

●ノズルチェンジャー

最適なノズルを自動で交換。薄板から厚板まで自動運転が可能

●オイルショット

中板加工時、ピアスの前にオイルを噴射することでスバッターの付着を防止し、加工品質のアップと安定加工を実現

関連商品

関連部品